午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=109円70銭台で推移。インドの自動車大手でスズキのインド合弁会社のマルチ・スズキは、20億ルピー(2700万ドル)相当の罰金の支払いを命じられたとロイターが報じている。販売店への値引きなどを規制したことが要因のもようだ。



一方、東京株式市場は日経平均が229.63円高と続伸している。米国市場でハイテク株が上昇した流れを引き継ぎ、半導体関連銘柄を中心に値を上げ続伸となっている。ソフトバンクG<9984>が211円高、ファーストリテイリング<9983>が710円高と指数に寄与度の高い銘柄も上昇しており相場を下支えしているようだ。