午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=109円70銭台で推移。米下院は24日に、3.5兆ドルの予算決議案を可決したとロイターが報じている。なお、超党派による1兆ドルのインフラ投資法案については、9月27日までに採決と実施をすることで合意したもようだ。



一方、東京株式市場は日経平均が124.53円高と続伸している。米国市場でナスダックが史上最高値を更新した流れを引き継ぎ、強含みしているもようだ。また、ソフトバンクG<9984>やファーストリテイリング<9983>など指数に寄与度の高い銘柄が上昇しており、相場を下支えしているようだ。