26日午後の東京市場でドル・円は下げが一服し、109円90銭台で推移する。中国や香港の株安や米株式先物の軟調地合いを受け、ややリスク回避的な円買いに振れやすい。一方で、米長期金利の持ち直しで、ドル売りは抑制されている。ドル・円は引き続き動きづらい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円92銭から110円11銭、ユーロ・円は129円30銭から129円55銭、ユーロ・ドルは1.1761ドルから1.1774ドル。