27日の東京外為市場でドル・円はじり安。アフガニスタン情勢への過度な懸念は和らぎ、ドルはリスクオフの買い後退で朝方の110円09銭から下落基調に。午後の取引ではユーロが徐々に持ち直し、ドルには下押し圧力がかかり109円89銭まで一時値を下げた。



・ユーロ・円は129円16銭から129円50銭まで上昇した。

・ユーロ・ドルは1.1742ドルから1.1771ドルまで値を上げた。



・17時時点:ドル・円110円10-20銭、ユーロ・円129円40-50銭

・日経平均株価:始値27,581.24円、高値27,670.66円、安値27,481.23円、終値27,641.14円(前日比101.15円安)



【経済指標】

・日・8月東京都区部消費者物価指数(生鮮品除く) :0.0%(前年比予想:-0.1%、7月:-0.3%←+0.1%)

・豪・7月小売売上高:前月比-2.7%(予想:-2.5%、6月:-1.8%)

・中・7月工業企業利益:前年比+16.4%(6月:+20.0%)



【要人発言】

・バイデン米大統領

「アフガニスタンへの追加派兵が必要なら認める方針」