<円債市場>

長期国債先物2021年9月限

寄付152円20銭 高値152円25銭 安値152円20銭 引け152円21銭

売買高総計12156枚



2年 427回 -0.135%

5年 148回 -0.120%

10年 363回  0.015%

20年 177回  0.400%



債券先物9月限は、152円20銭で取引を開始。前週末NY市場でパウエル米FRB議長の講演後に米長期金利が低下した展開を受けて、買いが先行し、152円25銭まで上げた。その後、日銀の国債買い入れオペの結果が弱めだったことで売られ、再び152円20銭に下げた。現物債の取引では、全年限が買われた。



<米国債概況>

2年債は0.21%、10年債は1.29%、30年債は1.90%近辺で推移。

債券利回りはやや低下。(気配値)



<その他外債市況・10年債>

ドイツ国債は-0.42%、英国債は0.57%、オーストラリア10年債は1.15%、NZ10年債は1.80%。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]

・18:30 ユーロ圏・8月景況感指数(予想:118.0、7月:119.0)

・21:00 独・8月消費者物価指標速報値(前年比予想:+3.9%、7月:+3.8%)

・23:00 米・7月中古住宅販売成約指数(前月比予想:+0.4%、6月:-1.9%)

・23:30 米・8月ダラス連銀製造業活動指数(予想:23.0、7月:27.3)