午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=109円90銭台で推移。8時50分に経済産業省より発表された7月の鉱工業生産指数速報値は98.1と前月比-1.5%となった。市場予想は-2.5%であった。自動車やリチウム電池の減産が影響したもよう。



一方、東京株式市場は日経平均が135.32円安と反落している。ファーストリテイリング<9983>が700円安、ソフトバンクG<9984>が73円安と、指数に寄与度の高い銘柄の下落が相場の重しとなっているようだ。