欧州市場でドル・円は109円90銭台と、動意の薄い値動きが続く。この後発表される米雇用統計は、失業率が改善するものの、平均時給は横ばい、非農業部門雇用者数は減少で強弱まちまちと予想される。市場観測より低調なら、緩和継続の思惑からドルは失速の見通し。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円90銭から110円03銭、ユーロ・円は130円44銭から130円68銭、ユーロ・ドルは1.1866ドルから1.1882ドル。