9日午後の東京市場でドル・円は110円20銭付近を維持できず、小幅に値を下げた。日経平均株価は30000円台を割り込み、下げ幅拡大を受けやや円買い基調に振れている。一方、時間外取引の米株式先物も軟調地合いで、リスクオフのドル買いが観測される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円10銭から110円29銭、ユーロ・円は130円10銭から130円34銭、ユーロ・ドルは1.1811ドルから1.1823ドル。