午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=109円90銭台で推移。米国立ハリケーンセンターは、熱帯的気圧「ニコラス」がテキサス州の沿岸に上陸すると発表したとロイターが報じている。テキサス州南部から、ルイジアナ州の地域に警報・注意報を発令したもようだ。



一方、東京株式市場は日経平均が88.41円高と続伸している。米国市場が反発した流れを引き継ぎ、東京市場でも時価総額上位の銘柄を中心に上昇しており相場を下支えしているもようだ。なお、米国で半導体関連株が下落した流れを受けて、半導体関連株の一角が下落しており、相場の上値を抑えているもようだ。