14日午後の東京市場でドル・円は底堅く、110円10銭を目指す展開に。米10年債利回りの上昇は一服し、ドル買いは入りづらい。ただ、今晩の米消費者物価指数(CPI)が市場の予想通り高水準となれば金利高が見込まれるため、足元でドル売りは抑制されているようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円96銭から110円09銭、ユーロ・円は129円85銭から130円06銭、ユーロ・ドルは1.1806ドルから1.1816ドル。