15日午前の東京市場でドル・円は、109円60銭近辺で推移。ドル・円は109円56銭まで下げており、日経平均の下げ幅拡大を警戒してリスク選好的な円売りはさらに縮小している。具体的なドル買い材料が提供されない場合、ドル・円は109円台後半で上げ渋る状態が続くとの見方が多い。仲値時点のドル需要は通常並みだったようだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円56銭から109円74銭、ユーロ・ドルは、1.1801ドルから1.1806ドル、ユーロ・円は、129円33銭から129円55銭で推移。