15日午後の東京市場でドル・円は109円60銭付近と、変わらずの値動き。NY原油先物(WTI)は1バレル=70ドル台で堅調地合いを維持しており、カナダドルや豪ドルなど資源国通貨は対ドルで小高く、対円では底堅い。一方、香港ハンセン指数は弱含み、円買い要因に。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円55銭から109円74銭、ユーロ・円は129円33銭から129円55銭、ユーロ・ドルは1.1800ドルから1.1812ドル。