15日午後の東京市場でドル・円は弱含み、一時109円40銭台に値を下げた。ただ、109円半ばは押し目買いが観測され、その後は小幅に値を戻した。今晩発表の米経済指標が低調なら減速懸念でドル売りが予想されるが、ドル・円の大幅安は現時点で想定しにくい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円46銭から109円74銭、ユーロ・円は129円23銭から129円55銭、ユーロ・ドルは1.1800ドルから1.1812ドル。