ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、ユーロ・円は一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)まで戻し、さらに137円50銭(2018/2/2)まで買われた。中国経済の先行き不安や米国の量的緩和策の段階的な縮小を想定して、リスク選好的なユーロ買いがただちに拡大する可能性は低いとみられる。米ドル・円相場に大きな動きがない場合、ユーロ・円は主に128円台でもみ合う状態が続くとみられる。



【ユーロ売り要因】

・米量的緩和策の縮小は年内開始の可能性

・ECBの量的緩和策は長期間継続の公算

・中国経済の先行き不安



【ユーロ買い要因】

・4-6月期のユーロ圏経済成長率は予想を上回る

・域内雇用情勢の改善

・米雇用拡大ペースの減速