21日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、109円60銭付近を維持する。香港ハンセン指数は前日終値付近まで下げ幅を縮小し、リスク回避的な円買いは抑制されている。一方、米10年債利回りは小幅に上昇し、ややドル買いが入りやすいようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円35銭から109円63銭、ユーロ・円は128円23銭から128円62銭、ユーロ・ドルは1.1725ドルから1.1740ドル。