午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=109円30銭台で推移。経営不安のある、中国の大手不動産、中国恒大集団の主要不動産会社は、9月23日の社債利払いを行うもようと、一部で報じられているもようだ。



一方、東京株式市場は日経平均が100.16円安と下げ幅を縮小している。中国恒大集団の前向きな情報が報じられたことが相場を押し上げたもようだ。また、東京エレクトロン<8035>やファーストリテイリング<9983>など指数に寄与度の高い銘柄の上昇が相場を下支えしているもようだ。