22日午後の東京市場でドル・円は109円50銭付近と、本日高値圏で推移。日経平均株価は下げ幅を縮小し、リスク回避的な円買いは後退。ただ、上海総合指数の軟調地合いで、円買いは根強い。一方、米連邦公開市場委員会(FOMC)での引き締め期待で、ドルは下げづらいようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円12銭から109円49銭、ユーロ・円は127円93銭から128円41銭、ユーロ・ドルは、1.1718ドルから1.1729ドル。