23日のロンドン外為市場のドル・円は、109円91銭から110円00銭まで上昇。欧州諸国の株高を受けて、リスク選好的な円売りが観測された。ただ、110円近辺には戻り売りの興味が残されており、やや上げ渋り。





ユーロ・ドルは1.1710ドルから1.1733ドルまで上昇したが、その後は伸び悩み。ユーロ圏の製造業、サービス業の景況感は市場予想を下回っており、リスク選好的なユーロドル買いは縮小。ユーロ・円は129円05銭から128円58銭まで下落。





ポンド・ドルは1.3649ドルから1.3682ドルまで強含み。ドル・スイスフランは0.9257フランから0.9229フランまで下落したが、その後は下げ渋っている。