29日午前の東京市場でドル・円は、111円50銭台で推移。一時111円68銭まで買われており、米長期金利の上昇を意識して主要通貨に対するドル買いは継続している。日経平均は730円安で下げ幅は再拡大。仲値時点のドル需要は通常並みだったようだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円49銭から111円62銭、ユーロ・ドルは、1.1681ドルから1.1688ドル、ユーロ・円は、130円24銭から130円42銭で推移。