30日午前の東京市場でドル・円は112円付近から小幅に下げたが、その後は111円80銭台を維持した。日経平均株価の軟調地合いで日本株安を嫌気した円買いが先行したものの、上海総合指数はプラスで推移し円買いを弱めた。一方、ドル買い基調は続き、対円で底堅さもみられる。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円80銭から112円01銭、ユーロ・円は129円74銭から129円91銭、ユーロ・ドルは1.1595ドルから1.1608ドル。



【経済指標】

・日・8月鉱工業生産速報値:前月比-3.2%(予想:-0.5%、7月:-1.5%)

・中・9月製造業PMI:49.6(予想:50.0、8月:50.1)

・中・9月非製造業PMI:53.2(予想:49.8、8月:47.5)

・中・9月財新製造業PMI:50.0(予想:49.5、8月:49.2)