30日午後の東京市場でドル・円は112円に再接近し、本日高値圏で推移する。米10年債利回りは前日海外市場で低下したが、足元で持ち直しドル買いが再開。主要通貨は対ドルで失速し、クロス円もやや値を下げている。ただ、ドル・円は円売りも観測される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円80銭から112円01銭、ユーロ・円は129円70銭から129円95銭、ユーロ・ドルは1.1595ドルから1.1608ドル。