5日午前の東京市場でドル・円は110円90銭付近と、安値圏でのもみ合い。米大幅株安を受けた日経平均株価の急落でリスク回避的な円買いが先行しており、引き続き主要通貨は対円で弱含んでいる。ただ、ドル売りは進んでおらず、対円でも下げづらいようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円87銭から111円00銭、ユーロ・円は128円82銭から128円96銭、ユーロ・ドルは1.1615ドルから1.1622ドル。