6日午前の東京市場でドル・円は111円50銭台で推移。米国株高や米長期金利の上昇を意識したドル買い・円売りが観測されており、ドル・円は底堅い動きを保っている。日経平均は310円高で28000円台を回復。株安を嫌気した円買いは縮小気味。ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円44銭から111円57銭、ユーロ・ドルは、1.1594ドルから1.1605ドル、ユーロ・円は、129円21銭から129円39銭で推移。