6日午後の東京市場でドル・円は111円70銭台と、高値圏で推移する。日経平均株価は前日に続き大きく下げ、株安を嫌気した円買いに振れやすい。ただ、米10年債利回りは騰勢を強めており、ドル買い地合いに変わりはなさそうだ。ユーロ・ドルは下落基調が続く。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円44銭から111円76銭、ユーロ・円は129円21銭から129円48銭、ユーロ・ドルは1.1584ドルから1.1605ドル。