6日午後の東京市場でドル・円はじり高となり、111円80銭に接近している。日経平均株価は前日比300円近く下げて取引を終えたが、円買いは限定的。一方、米10年債利回りの上昇基調でドル買いに振れやすく、主要通貨は対ドルで弱含んでいる。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円44銭から111円78銭、ユーロ・円は129円21銭から129円49銭、ユーロ・ドルは1.1578ドルから1.1605ドル。