7日の東京外為市場でドル・円は反落。日経平均株価は伸び悩んだが、アジア株高でリスク選好的な円売りに振れ、正午前に111円51銭まで上昇。ただ、午後のもみ合い後、夕方にかけて米10年債利回りの低下でドルへの売りが強まり、111円23銭まで値を下げた。



・ユーロ・円は128円65銭から128円92銭まで上昇した。

・ユーロ・ドルは1.1549ドルから1.1571ドルまで値を上げた。



・17時時点:ドル・円111円30-40銭、ユーロ・円128円70-80銭

・日経平均株価:始値27,665.97円、高値28,015.11円、安値27,607.97円、終値27,678.21円(前日比149.34円高)



【要人発言】

・黒田日銀総裁

「コロナの影響で国内景気は引き続き厳しい状況も、基調としては持ち直している」

「物価の先行き、エネルギー価格などの上昇を反映し小幅プラスに」

「感染症の影響を注視し、必要ならちゅうちょなく追加緩和」



【経済指標】

・日・8月景気動向指数・先行速報値:101.8(予想:102.0、7月:104.1)

・スイス・9月失業率:2.6%(予想:2.7%、8月:2.7%)

・独・8月鉱工業生産:前月比-4.0%(予想:-0.5%、7月:+1.3%←+1.0%)