<円債市場>

長期国債先物2021年12月限

寄付151円38銭 高値151円44銭 安値151円35銭 引け151円40銭

売買高総計20791枚



2年 429回 -0.120%

5年 148回 -0.090%

10年 364回  0.070%

20年 177回  0.445%



債券先物12月限は、151円38銭で取引を開始。日経平均株価の反発や財務省の流動性供給入札を控えて売りが優勢になり、151円35銭まで下げた。その後、流動性供給入札の結果がよかったことから買いが強まり、151円44銭まで上げた。現物債の取引では、全年限が買われた。



<米国債概況>

2年債は0.29%、10年債は1.51%、30年債は2.06%近辺で推移。

債券利回りはやや低下。(気配値)



<その他外債市況・10年債>

ドイツ国債は-0.19%、英国債は1.04%、オーストラリア10年債は1.58%、NZ10年債は2.07%。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]

・21:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:34.8万件、前回:36.2万件)

・24:45 メスター米クリーブランド連銀総裁オンライン討論会参加(インフレ関連)

・04:00 米・8月消費者信用残高(予想:+175.00億ドル、7月:+170.04億ドル)