8日午前の東京市場でドル・円は111円80銭近辺で推移。日経平均は570円高で推移しており、株高持続を意識したリスク選好的なドル買い・円売りは続いている。中国本土株式はやや強い動きとなる可能性があることから、ドルは111円台半ば近辺で下げ渋る可能性が高いとみられている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円60銭から111円82銭、ユーロ・ドルは、1.1551ドルから1.1560ドル、ユーロ・円は、128円94銭から129円21銭で推移。