11日午前の東京市場でドル・円は112円20銭台で推移。米長期金利の上昇を意識したドル買い・円売りは続いている。ドル・円は朝方に112円33銭まで買われており、年初来高値を更新。日経平均は120円高で推移しており、株高を意識してドルは112円台前半で下げ渋る可能性がある。ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円15銭から112円33銭、ユーロ・ドルは、1.1564ドルから1.1578ドル、ユーロ・円は、129円73銭から129円96銭で推移。