12日午後の東京市場でドル・円は動意の薄い値動きとなり、113円30銭台で推移する。日経平均株価や上海総合指数の下げ幅拡大を受け、アジア株安を嫌気した円買いに振れやすい。一方、米10年債利回りは高水準を維持し、ドルは豪ドルなどに対し下げづらい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円26銭から113円48銭、ユーロ・円は130円85銭から131円09銭、ユーロ・ドルは1.1548ドルから1.1560ドル。