キャンドゥ<2698>:2258円 カ -

ストップ高買い気配。イオンがTOBを実施して連結子会社化を目指すと発表。TOB価格は1株2700円で前日終値比45.3%のプレミアム付与となっている。買い付け期間は10月15日から11月24日まで、買付予定数には上限があり、同社株はTOB成立後も上場を維持することになる。TOB価格にサヤ寄せを目指す動きのほか、イオンの子会社化によるシナジー効果などへの期待も先行する展開に。





クリレスHD<3387>:967円(+66円)

大幅続伸。前日に上半期の決算を発表、営業損益は73.1億円の黒字となり、前年同期比171億円の損益改善となっている。また、通期計画は従来の55億円から108億円に上方修正している。売上高は下振れも、筋肉質なコスト構造への転換・定着によって収益力が向上しており、協力金や雇用調整助成金なども下支えに。未定としていた年間配当金も4.5円への復配を決定している。





リブセンス<6054>:227円(+18円)

大幅反発。前日に上半期の決算を発表、営業損益は6.7億円の赤字で前年同期比2.6億円の損益悪化となっている。ただ、6-8月期は3.1億円の赤字にとどまり、前年度第4四半期をボトムに赤字幅は順調に縮小、既存事業の営業利益は3四半期ぶりに黒字転換している。複数事業案の開発・検証なども順調に進捗とされており、今後も回復傾向は強まっていくとの期待感も。目先のあく抜け材料と捉えられる形になっている。





PRTIMES<3922>:3600円(+520円)

大幅続伸。前日に上半期決算を発表、営業利益9億円で前年同期比42.0%増益、従来計画の8億円も上回る着地になっている。6-8月期も5.1億円で同42.6%増益、前四半期比でも29.0%増となり、粗利益率は2四半期連続で過去最高を更新している。利用企業社数、プレスリリース件数とも順調に拡大している。通期計画17.5億円は据え置いているものの、前年度と比較しても進捗率は高く、上振れ期待などは高まる状況となっているもよう。





ファーストリテ<9983>:72560円(-310円)

反落。前日に21年8月期の決算を発表、営業利益は2490億円で前期比66.7%増益となり、従来計画の2450億円をやや上回る着地に。一方、22年8月期は2700億円で同8.4%増益の見通しとしている。市場コンセンサスは3000億円超の水準であったため、ネガティブ視する動きがやや優勢に。ただ、足元の月次動向から慎重なガイダンスも想定されていたためかインパクトは限定的。国内既存店前提などは保守的との見方にも。





オキサイド<6521>:7680円(+840円)

大幅に続伸。名古屋大学発のスタートアップ企業のUJ-Crystal(名古屋市)と資本業務提携したと発表している。UJ-Crystal株の13.8%を取得し、溶液法を用いた化合物半導体の炭化ケイ素(SiC)単結晶の量産化に向けた研究開発で提携する。また、22年2月期の営業利益を従来予想の4.16億円から5.54億円(前期実績3.65億円)に上方修正した。がん検診装置や半導体の需要拡大を背景に単結晶とレーザ製品の販売が好調に推移していることを織り込んだ。





バリュエンス<9270>:3430円(+305円)

大幅に続伸。22年8月期の営業利益予想を前期比54.0%増の18.00億円と発表している。DX化でビジネスモデルを効率化し、オークションプラットフォームの付加価値向上につながる投資を促進することでリカーリング型ビジネスへの転換を推進する。21年8月期の営業利益は85.2%増の11.69億円で着地した。買取店舗をグループ全体で60店舗純増したほか、オークションやECサイト・実店舗での販売が好調に推移し、大幅な増益となった。





スパンクリート<5277>:309円(+20円)

大幅に3日続伸。33万9900株(9823万1100円)を上限に自社株買いを実施すると発表している。発行済株式総数(自社株を除く)に対する割合は3.64%。14日終値(289円)で15日朝方の立会外取引(ToSTNeT-3)での買付けを委託する。資本効率の向上を図るとともに将来の機動的な資本戦略に備えた措置。自社株買いは株式価値の向上に資するとの見方が広がり、買いが集まっているようだ。