15日午後の東京市場でドル・円は114円台を維持するものの、上昇一服で小幅に値を下げた。上海総合指数や香港ハンセン指数などアジア株は強含み、引き続きリスク選好の円売りが主要通貨を押し上げている。ただ、ドルはやや売られ、対円で失速している。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円65銭から114円16銭、ユーロ・円は131円81銭から132円49銭、ユーロ・ドルは1.1588ドルから1.1615ドル。