(14時40分現在)



S&P500先物      4,507.00(-4.25)

ナスダック100先物  15,377.00(-21.50)





グローベックス米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は小幅安。NYダウ先物は20ドル安、NY原油先物(WTI)は失速し、本日の米株式市場は売り先行となりそうだ。





19日の主要3指数は上昇。ナスダックが5日続伸となったほか、ダウも上昇に転じ198ドル高の35457ドルで取引を終えた。この日決算発表したジョンソン・エンド・ジョンソンが予想を上回る内容となり、全般的に企業の好業績を期待した買いが先行。ただ、住宅関連指標は軒並み予想を下回り、やや嫌気された。また、連邦準備制度理事会(FRB)当局者の発言で早期利上げに思惑が広がり、一段の買いを抑制する要因となった。





本日は伸び悩みか。引き続き企業の好業績を背景に、株買いは継続しそうだ。今晩はテスラの決算発表が注目され、ハイテクや自動車などへの買いが相場をけん引する見通し。ただ、ウォラーFRB理事は前日の講演で、インフレ高進が今後も続く場合、早期利上げを支持するとの見解を示したことから、米金利は上昇基調を維持する。20日もFRB当局者の発言機会が予定され、引き締め観測で金利が一段高となれば買いは縮小しそうだ。