22日午後の東京市場でドル・円は114円を挟み、方向感の乏しい値動き。15時に発表された英国の小売売上高は予想よりも弱く、ポンド・ドルの下げが目立つ。一方、上海総合指数はマイナスに転じ、日本株高を好感した円売りを抑制しているようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円82銭から114円21銭、ユーロ・円は132円30銭から132円79銭、ユーロ・ドルは1.1623ドルから1.1632ドル。