4日午前の東京市場でドル・円は114円10銭台で推移。米国の早期利上げ観測は後退したが、日経平均株価の上昇を意識したドル買いが観測されており、ドル・円は114円14銭まで戻している。仲値時点のドル需要は通常並みとの見方が多いようだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円97銭から114円14銭、ユーロ・ドルは、1.1608ドルから1.1617ドル、ユーロ・円は132円32銭から132円54銭で推移。