4日午後の東京市場でドル・円は114円10銭台と、変わらずの値動き。米10年債利回りの上昇でドル買いに振れやすい地合いとなり、ユーロ・ドルは1.16ドル台を下回る水準に下げた。一方、日経平均株価は堅調地合いを維持するものの、円売りは後退している。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円97銭から114円24銭、ユーロ・円は132円32銭から132円56銭、ユーロ・ドルは1.1590ドルから1.1617ドル。