NY外為市場ではドルが下げ止まった。ドル・円は113円08銭まで下落後、いったん下げ止まり113円20銭で推移。ユーロ・ドルは1.1595ドルまで上昇後、1.1585ドルで伸び悩んだ。ポンド・ドルは1.3580ドルの高値から1.3550ドルまで反落。



米主要経済指標の発表なく、連邦準備制度理事会(FRB)高官のイベントや講演での発言、米財務省が実施する3年債入札待ちとなっている。



ブラード・セントルイス連銀総裁はテーパーを6月前に終了し、2022年度の2回の利上げを予想している。一方で、クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長は利上げの条件達成は来年末を予想。利上げ検討するには程遠いと慎重姿勢と示すなど、見解が分かれる。