9日の東京外為市場でドル・円は軟調。早朝の取引で113円29銭を付けた後、日経平均株価の上げ幅縮小で円売りが弱まり下落基調に。正午にかけて113円を割り込んだ後も、日本株安や米長期金利の先安感でドルは売られ、112円73銭まで値を切り下げた。



・ユーロ・円は131円27銭から130円68銭まで下落した。

・ユーロ・ドルは1.1577ドルから1.1607ドルまで値を上げた。



・17時時点:ドル・円112円90-00銭、ユーロ・円130円90-00銭

・日経平均株価:始値29,557.55円、高値29,750.46円、安値29,240.31円、終値29,285.46円(前日比221.59円安)



【経済指標】

・日・9月毎月勤労統計・現金給与総額:前年比+0.2%(予想:+0.6%、8月:+0.6%)

・日・9月経常収支:+1兆337億円(予想:+1兆523億円、8月:+1兆5030億円←+1兆6656億円)

・日・10月景気ウォッチャー調査・現状判断:55.5(予想:48.5、9月:42.1)

・独・9月貿易収支:+162億ユーロ(予想:+160億ユーロ、8月:+117億ユーロ)



【要人発言】

・特になし