欧州市場でドル・円は113円20銭付近の水準を維持。この後発表される米消費者物価指数(CPI)は高水準とみられ、米10年債利回りのじり高でドルは売りづらいようだ。一方、原油高一服のなか、欧米株価指数は下げ幅を縮小し円売りが主要通貨を支える。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円06銭から113円23銭、ユーロ・円は130円79銭から131円12銭、ユーロ・ドルは1.1559ドルから1.1582ドル。