NY外為市場では米早期利上げ観測が再燃しドルが続伸した。朝方発表された米10月消費者物価指数(CPI)が予想を上回り30年ぶり最大の伸びを示し利上げ観測が強まった。米金利先物市場は2022年の2回の利上げを織り込んだ。10年債利回りは1.45%から1.52%まで上昇した。



ドル・円は転換線の113円59銭を突破し、113円94銭まで上昇。心理的節目114円を試す展開。ユーロ・ドルは1.1574ドルから1.1511ドルまで下落し昨年7月来の最安値を更新した。ポンド・ドルは1.354ドルから1.3469ドルまで下落した