11日午前の東京市場でドル・円はしっかりの値動きとなり、113円後半から114円前半に値を上げた。前日発表された米国のインフレ指標が強含み、連邦準備制度理事会(FRB)による早期利上げへの思惑からドル買いに振れやすい。日本株高による円売りもドルの支援材料に。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円86銭から114円15銭、ユーロ・円は130円71銭から131円00銭、ユーロ・ドルは、1.1468ドルから1.1488ドル。



【経済指標】

・日・10月国内企業物価指数:前年比+8.0%(予想:+7.0%、9月:+6.4%←+6.3%)

・豪・10月失業率:5.2%(予想:4.8%、9月:4.6%)

・豪・10月雇用者数増減:-4.63万人(予想:+5.0万人、9月:-14.11万人←-13.8万人)



【要人発言】

・中国恒大集団(報道)

「期限が過ぎていた3社の社債利払いを実施」