11日午後の東京市場でドル・円はやや失速し、113円90銭付近に下げている。16時に発表された英国の国内総生産(GDP)など経済指標は予想を下回り、減速懸念でポンド売りに。ポンド・円の下げがクロス円を主導し、ドル・円もそれに追随しているようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円86銭から114円15銭、ユーロ・円は130円71銭から131円00銭、ユーロ・ドルは、1.1464ドルから1.1488ドル。