(14時40分現在)



S&P500先物      4,649.50(+6.50)

ナスダック100先物  16,059.75(+37.00)





グローベックス米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は上昇。NYダウ先物は70ドル高、NY原油の上昇一服でインフレ懸念は後退し、本日の米株式市場は買い先行となりそうだ。





11日の主要3指数はまちまち。ナスダックは切り返したが、ダウは3日続落となり節目の36000ドルを割り込んだ。前週まで最高値更新が相次ぎ、調整が意識されやすい地合い。7-9月期の企業決算はおおむね良好な内容で強気相場を支えるが、ウォルト・ディズニーが業績悪化により大幅安となり、他の主力株にも売りが波及。半面、この日はベテランズデーで債券市場が休場となり、長期金利の上昇で前日売られたハイテク株が買い戻された。





本日は上げ渋りか。9日の生産者物価指数(PPI)と10日の消費者物価指数(CPI)で国内のインフレ高進が鮮明になり、連邦準備制度理事会(FRB)の金融引き締めが警戒される展開となりそうだ。FRBは資産買入れの段階的縮小(テーパリング)後の一段の引き締めに慎重だが、市場には早期利上げへの思惑が広がる。10年債利回りの先高観からハイテク株への売りが強まれば、指数を下押ししよう。週末に向けた調整売りにつながる可能性もあろう。