<円債市場>

長期国債先物2021年12月限

寄付151円71銭 高値151円73銭 安値151円61銭 引け151円65銭

売買高総計19989枚



2年 430回 -0.120%

5年 149回 -0.080%

10年 364回  0.070%

20年 178回  0.465%



債券先物12月限は、151円71銭で取引を開始。米10年債利回りが一時1.58%台まで上昇したことで売りが先行し、その後も日本株高・円安展開を受けて売りが続き、151円73銭から151円61銭まで下げた。現物債の取引では、2年債と5年債が買われ、10年債と20年債が売られた。



<米国債概況>

2年債は0.53%、10年債は1.56%、30年債は1.89%近辺で推移。

債券利回りはやや上昇。(気配値)



<その他外債市況・10年債>

ドイツ国債は-0.23%、英国債は0.92%、オーストラリア10年債は1.78%、NZ10年債は2.64%。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]

・19:00 ユーロ圏・9月鉱工業生産(前月比予想:-0.5%、8月:-1.6%)

・24:00 米・11月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値(予想:72.5、10月:71.7)

・24:00 米・9月JOLT求人件数(予想:1030.0万件、8月:1043.9万件)

・02:10 ウィリアムズNY連銀総裁討論会参加(マクロ経済における異質性)