15日午後の東京市場でドル・円は113円80銭台と、動意の薄い値動き。日経平均株価は前週末比166円高で取引を終え、やや円売りに振れやすい。ただ、重要イベントの通過で具体的な手がかりが乏しいなか、様子見ムードにより売り買いは手控えられているようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円76銭から114円05銭、ユーロ・円は130円35銭から130円50銭、ユーロ・ドルは1.1441ドルから1.1464ドル。