(13時20分現在)



S&P500先物      4,683.25(+4.25)

ナスダック100先物  16,212.00(+24.25)





グローベックス米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は小幅高。NYダウ先物は20ドル高、アジア株高の波及も見込まれ、本日の米株式市場は買い先行となりそうだ。





15日の主要3指数は小反落。ナスダックは3日ぶりに値を下げたほか、ダウも再びマイナスへ転じ12ドル安の36087ドルで取引を終えた。この日発表されたNY連銀製造業景気指数が予想を上回る伸びを記録し、長期金利を大きく押し上げた。それを受け、ハイテク株を中心に売りが強まり、相場は全般的に軟調地合いに。その後もオンラインによる米中首脳会談や16日の小売売上高など経済指標に思惑が広がり、買いを抑えた。





本日は上げ渋りか。米中協議は目立った対立が回避され、安心感が広がりやすい。また、決算発表のホームデポやウォルマートが好業績なら、他の銘柄にも波及しそうだ。ただ、今晩注目の小売売上高は強い内容が予想され、景気回復を好感した金利高で、買いは縮小する可能性があろう。また、連銀総裁による発言機会も予定され、引き締めに関する見解は株売りを後押し。原油価格の持ち直しにより、インフレも意識されやすいだろう。