ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、ユーロ・円は一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)まで戻し、さらに137円50銭(2018/2/2)まで買われた。欧州における新型コロナウイルスの感染増加が警戒されていること、米長期金利の下げ渋りなどを意識してリスク選好的なユーロ買いは縮小している。米ドル・円相場に大きな動きがない場合、ユーロ・円は主に130円を挟んだ水準で推移し、やや上げ渋る状態が続くとみられる。



【ユーロ売り要因】

・ラガルドECB総裁は早期利上げの可能性を否定

・独仏で新型コロナウイルスの感染増加

・ドイツの企業景況感は悪化



【ユーロ買い要因】

・米長期金利の伸び悩み

・欧米諸国の株高

・ユーロ圏経済の持続的な成長期待