17日午前の東京市場でドル・円は、114円80銭台で推移。朝方に114円97銭まで買われており、16日の高値を上回ったが、顧客筋などのドル売りが観測されており、ドル上昇一服している。この後は、日経平均の動向を意識した取引が主体となる見込みだが、ドル買い・円売りの取引が大幅に縮小する可能性は低いとみられる。ここまでの取引レンジは、ドル・円は114円79銭から114円97銭、ユーロ・ドルは、1.1310ドルから1.1323ドル、ユーロ・円は129円95銭から130円08銭で推移。