17日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、114円80銭台で推移する。米10年債利回りの伸び悩みでユーロ・ドルは持ち直し、ドル・円は下押しされやすい。一方、日経平均株価は下げ幅を縮小し、日本株安を嫌気した円買いは抑制されている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は114円70銭から114円97銭、ユーロ・円は129円42銭から130円08銭、ユーロ・ドルは1.1264ドルから1.1327ドル。