18日午後の東京市場でドル・円は小幅に値を戻し、足元は114円10銭台で推移する。米10年債利回りの低下で、引き続きドル売りに振れやすい。一方で、日経平均株価や上海総合指数などアジアの主要指数は下げ渋り、株安を嫌気した一段の円買いを弱めている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円88銭から114円24銭、ユーロ・円は129円10銭から129円32銭、ユーロ・ドルは1.1316ドルから1.1328ドル。